EDと生活習慣についての様々な調査

EDと生活習慣についての様々な調査

様々な研究や調査で、EDは喫煙や生活習慣病など乱れた生活習慣によって起こる事が分かっています。

 

2009年、日本の成人男性7710人に対し、勃起時の硬さと生活習慣に関する調査が行われました。

 

 

ネット上で15項目の質問に答えてもらい、回答をもとに喫煙や生活習慣病と勃起時の硬さの関係を探りました。

 

この調査では勃起の硬さを食べ物に例えて4段階に分けています。
グレード1はこんにゃく、2はミカン、3はグレープフルーツ、4はリンゴです。
これはあくまで回答の目安なので、どの硬さがEDという訳ではありません。

 

「最近の勃起時の硬さ」はリンゴが42%、グレープフルーツが36%、ミカンが13%、こんにゃくが7%でした。

喫煙について

1日2箱以上タバコを吸う人はミカンが23%、こんにゃくが12%でした。
1日1箱・1日数本・非喫煙者に比べてミカンとこんにゃくの割合が多く、タバコをよく吸う人ほど硬さが乏しい事が分かります。

 

「勃起時の自信」は1日2箱以上吸う人の71%、1日1箱の59%が「無い」と答えました。
逆に1日数本の人と非喫煙者は「ある」と「無い」がほぼ半分ずつ。
こちらもタバコを吸う人ほど自信が無いのが分かります。

 

「自分がEDかもしれないと思った事がある」という問いでは、1日2箱以上吸う人の66%が「YES」と回答。
一方、1日1箱・1日数本・非喫煙者は半分以下でした。

 

3つの質問から、タバコを多く吸う人ほどEDになる可能性が高い事が分かりますね。

 

次に血圧・コレステロール・血糖値との関係です。
全てが高めと診断された人は、そうでない人に比べてミカンとこんにゃくの割合が高い傾向にあります。
何らかの生活習慣病を抱えている人ほど勃起時の硬さが不足気味なんですね。

 

特に高血糖の糖尿病の人はミカンが22%、こんにゃくが20%と多く、高血圧や高コレステロールの人より多い割合です。
生活習慣病の中で特にEDのリスクが高いのは糖尿病です。


このページの先頭へ戻る